平成最後の対局で昇段 八代弥七段

平成最後の対局で昇段 八代弥七段

撮影:河井邦彦

平成の将棋界はどのように動いてきたのか。平成の将棋界をどうやって戦ってきたのか。勝負の記憶は棋士の数だけ刻み込まれてきた。連載「平成の勝負師たち」、2019年9月号には八代弥(やしろ・わたる)七段が登場する。




* * *




平成最後の対局で、八代は七段に昇段した。4月23日の竜王戦3組準決勝・三枚堂達也六段戦。この一番に勝った八代は2組への昇級が確定し、「六段昇段後ランキング戦連続昇級」の規定を満たして価値ある到達点をクリアしたのである。同学年のライバル同士。三枚堂六段にも同条件での昇段が懸かる大勝負だった。



「終わったあとは彼のほうから声をかけてくれて、行きつけのバーまで一緒に歩いて午前3時まで。逆の立場だったら悔しくて誘えなかったと思いますけど、彼は人がいいんです」と八代は苦笑する。



本稿の取材のため八代に会ったのは5月31日の金曜日。これ以上ない最高の形で「令和」を迎えた八代だったが、この日の気分はどん底だった。その週の月曜日、八代は竜王戦3組の決勝戦で鈴木大介九段に敗れ、本戦進出を逃していたのだ。「よくしていただいている鈴木先輩ですが、負けたショックでがっくりきました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)