京都の秋祭を詠む

『NHK俳句』の講座「京ごよみ彩時記」では、「汀(みぎわ)」主宰の井上 弘美(いのうえ・ひろみ)さんが、京都の生んだ歳事や伝統工芸、料理などをご紹介しながら、季語の魅力を探ります。2019年10月の兼題は秋祭の季節を美しく彩る「紅葉(もみじ)」です。




* * *



\r\n■時代祭\r\n

時代祭華(はなや)か毛槍(けやり)投ぐるとき
高浜年尾(たかはま・としお)



10月22日は時代祭。京都の三大祭(他の二つは葵祭・祇園祭)を締め括る祭で、平安神宮の祭礼です。平安神宮は明治28(1895)年に「平安遷都千百年記念祭」が行われた時に創建されました。そのとき、記念行事の一つとして行われたのが「時代祭」です。この祭は時代風俗絵巻とも言うべきもので、綿密な時代考証に基づいて装束などが整えられました。10月22日は桓武天皇が遷都を行った日です。



行列は正午に御所の建礼門を出発、参加者二千人、行列の長さは二キロに及びます。時代祭を支えているのは京都市民で、学生も多く参加しています。冒頭の句は大名行列の先頭を行く奴(やっこ)が、「毛槍」を高く投げ合って交換する場面。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)