スウェーデン発 「ヤンソンの誘惑」って?

スウェーデン発 「ヤンソンの誘惑」って?

撮影・木村 拓(東京料理写真)

北欧好きの人なら聞き覚えがあるかもしれない、「ヤンソンの誘惑」。スウェーデンのじゃがいも料理のようですが……ヤンソンさんって何者? どんな誘惑の料理? 料理研究家の井原裕子(いはら・ゆうこ)さんに再現してもらいました。



編集A :井原さん、うちの編集長が「僕がいちばん好きなじゃがいも料理は、ヤンソンの誘惑だ」と言うんです。



井原さん:ヤンソンの誘惑?



編集A :「エリク・ヤンソンという菜食主義の宗教家が、あまりにもおいしそうで思わず食べてしまったグラタン」が由来だそうです。根拠はあいまいらしいですけれど……。ほかにもオペラ歌手ヤンソン説、映画「ヤンソンの誘惑」説など、諸説あるみたいです。細切りのじゃがいもとアンチョビが入ったスウェーデンのグラタンで、アンチョビは、いわしではなく、にしんだと聞きました。



井原さん:あ、にしんの甘酢漬けのことね! イギリスに住んでいたころ、北欧に旅行に行って初めて食べました。「スモーガスボード」という北欧のビュッフェによく出てくるお魚なんですが、スパイシーでとてもおいしく、好物になってよく買っていたんです。そのにしんが入ったグラタンも、思い出しました。



編集A :レシピを知りたいです!



井原さん:ただ、あのにしんは日本では手に入らないと思うの。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)