きのこのヘルシー常備菜

きのこのヘルシー常備菜

さけときのこの焼き南蛮。旬のさけときのこを使った秋にピッタリの一品は、栄養の面でも好相性。さけに含まれる不飽和脂肪酸(EPA・DHA)には血液サラサラ効果があるといわれ、きのことともに生活習慣病が気になる方におすすめです。撮影:中村あかね

毎日のおかずやお弁当に便利。簡単でおいしくて、さらにヘルシー!! いいことずくめの常備菜を、管理栄養士の新谷友里江さんが提案します。




* * *




「天高く馬肥ゆる秋」。過ごしやすい気候についつい食べすぎていませんか? そんなときのお助け食材といえばきのこ! 今ではいろんな種類が一年中出回っていますが、やはり秋になると食べたくなる食材の一つです。



きのこは低カロリーかつ9割が水分で脂質はゼロに等しく、食べごたえがあって満腹感を得やすいヘルシー食材。ダイエットや生活習慣病対策でおなじみですが、実は注目すべき栄養素がいっぱい。まず挙げたいのが便秘の予防や改善に欠かせない食物繊維で、コレステロールの排出を助ける水溶性食物繊維と、腸を刺激してぜん動運動を促す不溶性食物繊維の両方が豊富に含まれています。また糖質の代謝や疲労回復に効果があるといわれるビタミンB1、脂質の代謝に必要なビタミンB2、骨を丈夫にするビタミンDも豊富。さらにナトリウムの排出を助けるカリウム、免疫を高めるβ-グルカン、リラックス効果が期待できるGABAなども含まれるきのこ。たっぷり食べて秋冬もヘルシーに過ごしましょう。
\r\n■\r\n
\r\n■きのこのオイスターマリネ\r\n


オイスターソースで深い味わいに。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)