酔ごころと歌ごころ

今月の「動体短歌」の題は「酒」。歌人で、「心の花」編集委員の佐佐木頼綱(ささき・よりつな)さんが、酒を愛した大伴旅人と、あまり飲まなかった曾祖父、佐佐木信綱の歌を紹介します。




* * *




父・幸綱(ゆきつな)が「文学と酒には密接な関係があるんだ」と晩酌の際に力説するのを何十回と見て育ちました。また先輩歌人の晋樹隆彦(しんじゅ・たかひこ)から「酒も飲めないやつに文学はできないんですよ」と酒の席で絡まれてきました。更に私の妻はオペラ歌手なのですが、その周囲の声楽家たちは事ある毎(ごと)にワインを飲み「歌心は酒ごころだ」と話します。すぐ酔っ払ってしまう私には彼らの言葉がなかなか分からないのですが、今回は短歌と酒の関係を探ってみようと思います。


験(しるし)なき物を思はずは一坏(ひとつき)の濁(にご)れる酒を飲むべくあるらし
大伴旅人(おおとものたびと)『万葉集』巻第三



酒を讃(たた)える一連「大宰帥大伴卿(だざいのそちおおともきょう)、酒を讃(ほ)むる歌十三首」の巻頭に置かれた歌です。上の句は「つまらぬことを思い煩うのはやめ」という意味。濁った酒とはどぶろくでしょうか。酒をあおる大伴旅人が目の前に浮かんできませんか?



十三首の中で大伴旅人は賑(にぎ)やかに酔い、泣き、主張し、酒を勧めてきます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)