さんまのかば焼き缶は香味と合わせてすっきりと

さんまのかば焼き缶は香味と合わせてすっきりと

撮影:木村 拓(東京料理写真)

さんまをかば焼き風の甘辛味で調味して加熱加工した「さんまのかば焼き缶」。そのままつまみとしても食べられますが、野菜や卵などと組み合わせると立派な主菜にもなります。日本料理店総料理長の野崎洋光(のざき・ひろみつ)さんがアレンジしてくれました。



※野崎さんの「崎」は、正しくは「たつさき」です。




* * *




味つきの缶詰は少し味が濃いめです。加えて、さんまは脂もしっかりあって食べごたえがありますから、卵と組み合わせたり、さっぱりしたすし飯と合わせたりするのがおすすめです。うなぎのかば焼き感覚で、卵焼きで巻くう巻き風にしたり、野菜と合わせてあえ物にしてもよいですね。


\r\n■かば焼きの太巻き\r\n


青じそとしょうがをたっぷり混ぜて、香味野菜のすし飯にしました。彩りがよくなり、香りがさんまのかば焼きとよく合います。




\r\n■さんまのかば焼き新挽き揚げ\r\n


新挽(しんび)き粉は、和食の揚げ物などによく使います。白く細かな粒は見栄えがよく、揚げるとカリカリになって食感も抜群です。かば焼きとアボカドの組み合わせも楽しんで。







※つくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKまる得マガジン 巨匠直伝!究極の缶詰レシピ』より

1

関連記事(外部サイト)