パンジーとビオラでいっぱいにしたい! 用土ブレンド3つのポイント

パンジーとビオラでいっぱいにしたい! 用土ブレンド3つのポイント

撮影:田中雅也

プランターをパンジー&ビオラで花いっぱいにするために、用土づくりを自分で行ってみませんか。園芸研究家の鈴木悠一(すずき・ゆういち)さんに、大切な3つのポイントを教えてもらいました。




* * *




用土は根を取り巻く環境そのものです。よりよい環境を整えるためには、3つの重要なポイントがあります。1つ目は「水もち」。水もちのよい土は水やりの回数を減らせるだけでなく、肥料を施した際のもちもよくなります。2つ目は「空気」。根も呼吸するので、適度なすき間があると酸素を取り込めます。また、水やりのときの通り道にもなります。



3つ目は「きれい」であること。雑菌が少なく、新しい用土という意味です。植えるときに少し傷ついた根が、素早く再生するためにも、用土はきれいなものであることが大事なのです。



※テキストではパンジー&ビオラが育つブレンドを紹介しています。



■『NHK趣味の園芸』2019年11月号より

1

関連記事(外部サイト)