オイルサーディンでつくるおもてなしの一品

オイルサーディンでつくるおもてなしの一品

撮影:木村 拓(東京料理写真)

いわしを塩で調味し、油漬けにして加熱加工した「オイルサーディン」。日本料理店総料理長の野崎洋光(のざき・ひろみつ)さんが、和の食材と組み合わせておもてなし料理をつくってくれました。



※野崎さんの「崎」は、正しくは「たつさき」です。




* * *




オイルサーディンは油漬けなので食べごたえがあります。洋風料理のイメージがありますが、ここでは、のりや餅と組み合わせ、おもてなしの一品にもなる磯辺焼きや揚げ物にしてみました。季節の野菜と合わせてサラダにするのもおすすめです。しっかりした塩けを感じるので、味つけは加減してください。


\r\n■なすとオイルサーディンの磯辺焼き\r\n


オイルサーディンに塩けがあるので、味つけは必要ありません。のりを巻いて焼きつけると、パリッと締まり、香りもよくなります。



?
\r\n■オイルサーディンの羽二重揚げ\r\n


羽二重とは、織物からきた言葉で、きめ細かでなめらかな様子を表します。しゃぶしゃぶ用の薄い餅で包んで揚げるので、この名をつけました。





※つくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKまる得マガジン 巨匠直伝!究極の缶詰レシピ』より

1

関連記事(外部サイト)