西田哲学における善と宗教

西田哲学における善と宗教

西田哲学における善と宗教の画像

西田幾多郎(にしだ・きたろう)の『善の研究』は四編からなりますが、批評家、東京工業大学教授の若松英輔(わかまつ・えいすけ)さんは、最後の第四編「宗教」から読み始めることを薦めています。西田がいう「宗教」への認識を深めるところから始めた方が、より実感をもって「善」を理解することができるからだと若松さんは考えているからです。




* * *




西田がいう「宗教」とは、宗派的宗教とは異なる、「大いなるはたらき」のことです。「善」とは何かを直接的に考えるよりも、彼がいう「宗教」への認識を深めるところから始めた方が、より実感をもって「善」を理解することができると思いますので、今回も逆の順番で見ていきましょう。



第四編の「宗教」でも第三編の「善」でも、鍵となる言葉は「自己」です。先に「宗教」は「大いなるはたらき」だと書きました。この「大いなる」ものを西田は、『善の研究』で「神」と書いています。もちろん、彼がいう「神」は、現代の私たちが想像する宗派的「神」ではありません。



西田は「神とは種々の考え方もあるであろうが、これを宇宙の根本と見ておくのが最も適当であろうと思う」(第四編宗教第二章宗教の本質)と書いています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)