大豆缶&コーン缶でメインおかず

大豆缶&コーン缶でメインおかず

撮影:木村 拓(東京料理写真)

たんぱく質豊富な大豆や食物繊維を多く含むコーンは、おいしさはもちろん、日々の食事に取り入れたい食材です。でも、乾燥大豆は扱いに手間がかかるし、フレッシュコーンは季節が限られていてなかなか食べられません。そこで、缶詰の出番です! 日本料理店総料理長の野崎洋光(のざき・ひろみつ)さんが、食べごたえのある立派なメインおかずをつくってくれました。



※野崎さんの「崎」は、正しくは「たつさき」です。




* * *



\r\n■大豆とコーンの袋焼き\r\n


大豆、コーンと一緒に入れる卵黄がつなぎになります。じっくり蒸し焼きにして中まで火を通しましょう。食べると香味野菜が香ります。





大豆あさりご飯



大豆もたんぱく源でボリューム感がありますが、あさりを加えることでさらにうまみが増します。




\r\n■コーンとわけぎのかき揚げ\r\n


コーンたっぷり! 揚げると、コーンの甘みがさらに凝縮します。わけぎを加えて、色と香りにアクセントをつけましょう。





※つくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKまる得マガジン 巨匠直伝!究極の缶詰レシピ』より

1

関連記事(外部サイト)