木村一基九段が今強い理由

木村一基九段が今強い理由

左/木村一基九段、右/戸辺 誠七段 撮影:河井邦彦

第69回NHK杯1回戦第17局に登場したのは木村一基(きむら・かずき)九段と戸辺 誠(とべ・まこと)七段。山ア和也さんの観戦記より、序盤の展開を紹介する。


* * *



\r\n■46歳木村の充実\r\n


「まじめに喋(しゃべ)ってもいいんですかね」



インタビュー前、ユーモラスな表現で現場に笑いを起こしたその姿はまるで落語家のようだった。ファンサービスを意識した軽妙な振る舞いは、時に棋士であることを忘れさせる。カメラが向けられると流暢(りゅうちょう)な語り口で抱負を述べた。



今、木村一基がよく勝っている。木村は今年46歳になった。40代後半というと、記憶力や集中力が低下し、一般的には成績が落ちてくる時期だ。大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人のような大棋士でも45歳を過ぎると衰えが表れ始めていたという。しかし木村は9年ぶりにA級復帰、3年ぶりに王位戦挑戦の結果を残したのだ。



インタビューでは「いつまで満足いく内容のものが指せるか分からないままです」と恐縮した様子だったが、最近の活躍に誰もが一目置いたはずである。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)