悠久の歴史を感じさせるエジプト・アラブ共和国のおもてなし

悠久の歴史を感じさせるエジプト・アラブ共和国のおもてなし

天井が高く、ゴージャスな玄関。ドアの両脇に置かれたラムセスU世の像とともにガダさんが迎えてくれた。エントランスゲートの外側には、日本で行われたエジプト関連の催しにまつわるオブジェが、いくつか置かれている。撮影:鍵岡龍門

クラシックな空間で、悠久の歴史を感じさせる料理と共にゲストをもてなすエジプト・アラブ共和国大使夫人のガダ・カーメルさん。ファラオの時代から伝わる食材を使った伝統料理をつくっていただきました。




* * *




紀元前から統一国家が存在し、文明が栄えていたエジプト。大使夫人、ガダさんのおもてなしには、この国の長い歴史と重厚な文化を感じさせるエッセンスがちりばめられています。まず印象的なのが、ダイニングルームのしつらい。色鮮やかに彩られたテーブルが、彼女のおもてなしの舞台です。



「今回はラマダンのテーブルセッティングを再現しました。独特なパターンのクロスやランタンは、ラマダンの期間に使われる、特別なものなんですよ」とガダさん。ラマダンは、イスラム暦で9番目の月のこと。エジプト人の多くを占めるイスラム教徒は、この時期、神の恵みに感謝して断食します。日の出から日没まで、食べ物はもちろん水も口にできないので、断食後の食事は大きな楽しみ。家族みんなで、栄養たっぷりの料理を囲みます。ガダさんがイメージしたのは、そんな、温かくて幸せに満ちたテーブルなのです。



そして、もちろん料理が大切なおもてなしの主役。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)