そうじの時間はそうじだけに意識を集中! 禅式おそうじ術

そうじの時間はそうじだけに意識を集中! 禅式おそうじ術

撮影:本多康司

禅寺の廊下がピカピカなのは、毎日、修行僧たちが磨き上げているから。広い寺の長い廊下をすばやく、効率よくきれいにするポイントは、「目の前のことに意識を傾ける」こと。そんな禅の教えを、フローリングの洋室のそうじに生かしましょう。曹洞宗八屋山普門寺副住職の吉村昇洋(よしむら・しょうよう)さんがアドバイスしてくれました。




* * *



\r\n■洋室の禅式おそうじポイント:目の前のことに意識を傾けるべし\r\n


家族がいちばん長く過ごす居間は、現代は洋室というご家庭が多いかもしれません。人の出入りが多く長居もするため汚れやすい場所ですが、「忙しいから」と、壁や床の拭きそうじまではしていないという人も、また多いのではないでしょうか。



しかし、「忙しい」と言いながら、「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ」と、絶えずほかのことに気をとられていませんか? そうじのときは、そうじのことだけ。あれこれ考えず、目の前の一つのことに没頭すれば、意外なほど早く終わらせることができます。


\r\n■今回の禅のことば「一行三昧(いちぎょうざんまい)」\r\n


修行に専心すること。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)