台所を「禅式」に整えよう

台所を「禅式」に整えよう

撮影:本多康司

禅において、食事は修行であり、典座寮(てんぞりょう/台所)はその修行を支える大切な場所。清潔に保つことはもちろん、すばやく丁寧に仕事ができるように整えておく必要があります。そんな禅の知恵を生かして、台所をストレスフリーな環境に整えましょう。曹洞宗八屋山普門寺副住職の吉村昇洋(よしむら・しょうよう)さんがアドバイスしてくれました。




* * *



\r\n■仕事をしやすく整えるべし\r\n


禅の修行道場では、典座(てんぞ)という役職の僧が料理を担当します。全員分の食事を作る大変な仕事ですが、修行僧であるからには、早く仕事を終わらせて坐禅をしなければなりません。仕事場である典座寮には、そのための合理的な決まりごとがたくさんあります。たとえば、重い道具を低い場所に置き、軽い物を棚の上のほうに置く。使った道具は、すぐ定位置に、向きをそろえて片づける。



ご家庭でも、台所を「禅式」に整えれば、合理的にすばやく作業ができます。そうすることで、調理中のストレスがなくなり、丁寧な仕事ができるでしょう。


\r\n■今回の禅のことば?「可安高処、安于高処(こうしょにおくべきは、こうしょにおく)」\r\n


道元著『典座教訓』より。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)