炊飯器でシーフードパエリア風炊き込みご飯

炊飯器でシーフードパエリア風炊き込みご飯

仕上げにオリーブ油を加えて蒸らすことで、風味がさらにアップ。撮影:鈴木泰介

『NHKまる得マガジン 炊飯器でつくる! 世界の炊き込みご飯』では、料理研究家の荻野恭子(おぎの・きょうこ)さんが、手軽ながらも味は本格的な炊飯器でつくれる世界の炊き込みご飯レシピを紹介しています。第1回はスペインの、魚介のうまみあふれるパエリア風炊き込みご飯をお届けします。



パエリアはスペインの郷土料理。特に、魚介をふんだんに使ったバレンシア地方のものが有名です。本来は、にんにく、たまねぎ、トマトなどの野菜をじっくり炒めて味わいを凝縮した「ソフリット」を米に加えて炊くのですが、ここでは炒める手順を省き、みじん切りにした野菜などを混ぜ合わせるだけ。それでも魚介のうまみと相まって、奥深い味に炊き上がりました。


\r\n■炊き込みご飯と一緒に食べたい!\r\n


生ハムとチーズのスープ



生ハムとトマト、ダブルのうまみが詰まった具だくさんスープ。

?



野菜とチョリソーの卵とじ



とうがらしの辛みが程よいアクセントに。卵をからめながらどうぞ。





※材料とつくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKまる得マガジン 炊飯器でつくる! 世界の炊き込みご飯』より

1

関連記事(外部サイト)