タイの屋台の味、カオマンガイを炊飯器で再現

タイの屋台の味、カオマンガイを炊飯器で再現

あっさり味のご飯とジューシーな鶏肉が好相性。たれをつけて召し上がれ。撮影:鈴木泰介

料理研究家の荻野恭子(おぎの・きょうこ)さんのレシピなら、タイの屋台の味、カオマンガイが炊飯器で再現できちゃう! タイの米ジャスミンライスを使うことで、より本格的な味を楽しめます。




* * *




タイの屋台の味、カオマンガイ。鶏1羽をじっくり煮込んでスープを取り、それで米を炊くのが本来のつくり方です。ここではグッと手間を省き、鶏肉を米にのせて炊きました。香り高いジャスミンライスを使うと、より本格的に。炊飯器のふたを開けたとき、鶏肉とご飯の香りがからみ合って異国の風を運んできます。炊き汁にはパクチーを入れました。


\r\n■炊き込みご飯と一緒に食べたい!\r\n


トムヤムクン



香り豊かな甘酸っぱいスープ。口中が爽やかに。





青菜の炒め物



東南アジアや中国では、食卓に必ず1品は並ぶ青菜炒め。小松菜や豆苗などでも美味。





※材料とつくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKまる得マガジン 炊飯器でつくる! 世界の炊き込みご飯』より

1

関連記事(外部サイト)