種苗メーカーがタネを商品化するまで

種苗メーカーがタネを商品化するまで

タネは湿気を嫌う 人と会社ので部屋は乾燥気味。のどの水分保持のためにマスクをしている従業員も。撮影:内藤貞保

タネや苗は、どんな道をたどって私たちのもとへ届くのでしょう。小売店、種苗会社、そして苗作りやタネとりをしている農家へとさかのぼり、3号連続で話を聞きます。今回は種苗メーカーに話を聞きました。




* * *



\r\n■タネの検品は匂いもかぐ!?\r\n


種苗メーカーは、野菜や草花などの品種を研究開発し、生産して売っている会社です。私たちの買う野菜のタネがどのように商品にされるのかを知りたくて、京都にあるタキイ種苗を訪れました。商品管理部は工場のように大きい建物。何やらたくさんの機械がモーター音を響かせ、一角に巨大な袋やカートンが積まれています。



「これが産地から入荷した種子です。何十トンと大量に入ってくるものもあれば、何グラムしか入ってこない希少なものもあるんですよ」(タキイ種苗商品管理部・寄能靖夫さん)?



タネは、国内外の各地で生産しているそうですが、近年、日本で売られるタネの大半は海外生産。国内で開発した品種を外国で育て、タネをとっているそうです。雨の多い日本の気候が採種に適していないなどの理由です。



「入荷した種子はまず検品。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)