ヤマトタケルを祀る近江国一之宮建部大社

ヤマトタケルを祀る近江国一之宮建部大社

建部大社の広々とした境内。中央は拝殿、その後ろに建部大神を祀った本殿と権殿(ごんでん)がある。それらを見守るかのように、左右には摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)が配置され、ヤマトタケルの妻や子、家来たちが祀られている。撮影:森山雅智

第12代景行(けいこう)天皇の子として誕生したヤマトタケル。ひょんなことから父親に疎まれ、西から東へ、休む間もなく全国を駆(か)けずりまわる日々。不本意ながらも、真面目に父の言いつけを守り、天皇に逆らう者たちを次々に討ち倒し、災いを払っていきました。力尽きるまで戦い、国の平定(へいてい)に奔走した若きヒーローは、全国の多くの神社で祀まつられています。國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所教授の平藤喜久子(ひらふじ・きくこ)さんが、その中のひとつ、滋賀県大津市にある近江国一之宮建部大社(おうみのくにいちのみやたけべたいしゃ)を案内します。




* * *




近江国一之宮の一之宮とは、その国を守る随一の神社という意味です。つまり、建部大社は近江国(滋賀県)全体を守護する神様を祀る場所でした。社(やしろ)は、滋賀県大津市の瀬田唐橋(せたからはし)のたもとに位置しますが、この橋は奈良や京の都に通じる街道に架けられており、最後の難所、琵琶湖を迅速かつ安全に渡ることのできる唯一の橋でした。また、皇位継承問題が原因で起こった「壬申(じんしん)の乱」(672)をはじめ、数々の戦乱の舞台となったところでもあります。



建部大社の創建は、白鳳(はくほう)4年(675)と伝えられています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)