稀代の名君・李世民即位のいきさつ

稀代の名君・李世民即位のいきさつ

稀代の名君・李世民即位のいきさつの画像

『貞観政要(じょうがんせいよう)』とは、唐(618〜907)の第二代皇帝、太宗(たいそう)・李世民(りせいみん)と、その臣下たちの言行録です。この本を「世界最高といってもいいリーダー論の古典」と呼ぶ立命館アジア太平洋大学学長の出口治明(でぐち・はるあき)さんに、名君として知られる李世民がどのような経緯で即位したのか、お話を聞きました。




* * *




『貞観政要』にその言行が記された唐の第二代皇帝、太宗・李世民(在位626〜649)は、のちに「貞観の治」と呼ばれる太平の世を実現した名君です。太宗はなぜ立派な皇帝になれたのでしょうか。『貞観政要』という中国の古典をよりよく理解するために、まずは時代背景からお話ししたいと思います。



唐(618〜907)を建国したのは、李世民の父、李淵です。唐の前に中国を統一していた隋(ずい)は、大運河をつくるなど土木事業を盛んに行って民衆を疲弊させ、周辺国への遠征に失敗したりするなど失政が続いたため、人々の反乱が起こり、わずか38年で滅んでしまいました。ちなみに隋と唐はともに、北方から移動してきた遊牧民にルーツを持つ王朝で、李淵は隋の第二代皇帝のいとこにあたります。



唐を建国するにあたって功績があったのが、李淵の次男、李世民でした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)