平成の女流棋士の歴史そのものの中井広恵女流六段

平成の女流棋士の歴史そのものの中井広恵女流六段

撮影:河井邦彦

平成の将棋界はどのように動いてきたのか。平成の将棋界をどうやって戦ってきたのか。勝負の記憶は棋士の数だけ刻み込まれてきた。連載「平成の勝負師たち」、2019年12月号には中井広恵(なかい・ひろえ)女流六段が登場する。




* * *




中井広恵の昨年度の成績は、女流棋士になって最悪のものだった。椎間板ヘルニアの手術のため不戦敗が2局あり、それを含めて4勝7敗に終わっている。「後輩の女流棋士に叱咤(しった)激励されたんです。何やってんですかって。自分は後輩にそんなことを言われるキャラではないと思っていたので、驚きました」



タイトル獲得19期。優勝10回。数々の「女流初」を積み重ねてきた。林葉直子、清水市代、そして男性棋士との戦いは、平成の女流棋士の歴史そのものだ。しかし、後輩たちは盤上の戦いだけを見ていたわけではなかった。



「結婚して出産して、そういう先輩が年齢を重ねてどうなっていくのか。後輩たちはそういうところを見ているんだなと、初めて知りました」



もうちょっと頑張らないと。中井は、そう思った。


\r\n■平成元年に結婚\r\n


昭和56年。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)