森内俊之九段×木村一基王位 好調40代棋士の熱戦

森内俊之九段×木村一基王位 好調40代棋士の熱戦

左/森内俊之九段、右/木村一基王位 撮影:河井邦彦

第69回NHK杯2回戦第14局には、先ごろ初タイトルを獲得した木村一基(きむら・かずき)王位が登場、森内俊之(もりうち・としゆき)九段と対決した。小田尚英さんの観戦記から、序盤の展開をお伝えする。




* * *



\r\n■新王位の登場\r\n


46歳3か月の最年長記録で初戴冠(たいかん)した木村が、王位の肩書でNHK杯にやって来た。多くのファンが涙した勝利により、令和最初の夏に木村の名が刻まれた。かつての名棋士たちが「衰えが出る40代後半はきつい」と口をそろえるのを聞いてきただけに、信じられない快挙だ。



対局前に少し木村と昔話をした。竜王戦担当者だった筆者は最初のタイトル戦に同行した。2005年のこと。「負けたあと酔って死にたいと言ったんですよね」と木村は振り返った。以来…7度目の挑戦だった。



木村より3歳上の森内。「今は好きなこともしています」と言う。フリークラスに転じ日本将棋連盟の理事からも離れ、肩の荷を減らしている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)