森内俊之九段×木村一基王位 好調40代棋士の熱戦

ただし十八世名人資格者の力は健在で昨年はベスト4。今の40代棋士は昔とは違うのかもしれない。



「慌てず元気よく」が木村の抱負。森内は「乗ってる相手なので細心に大胆に」。局面は横歩取り青野流(1図)。解説の佐藤天彦九段は「有力な戦法で後手の横歩取りが減っています」。飛車交換後の△8二歩(2図)が受け師・木村らしい。
?

\r\n■木村の世界観\r\n


2図から▲3八銀に、木村は意表の△2八飛。窮屈な場所に気合いで打ち込んだ。事前に指摘していた佐藤も驚く。「まさかという所でまさかをやる。木村王位の世界観は魅力的です」△2八飛に、飛車を閉じ込める▲2七歩は△2六歩▲3九金△2七歩成▲2八金△同と。6九玉は△2六飛成▲6八銀△▲2八竜▲4五桂△7七角成▲同桂△3七歩が感想戦の手順で、森内は「銀を立ってひどい目に遭った」。長考の▲6八銀で、△2七角を甘受する手順を選んだが。これは後手ペースだ。



▲3八銀では、▲8三歩が局後に検討された代替手段。





※投了までの棋譜と観戦記はテキストに掲載しています。

※肩書はテキスト掲載当時のものです。



■『NHK将棋講座』2020年1月号より

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)