SF界きっての名文家、アーサー・C・クラークの知られざる文学的系譜

SF界きっての名文家、アーサー・C・クラークの知られざる文学的系譜

SF界きっての名文家、アーサー・C・クラークの知られざる文学的系譜の画像

20世紀を代表するSF作家、アーサー・C・クラーク。作家の瀬名秀明(せな・ひであき)さんは、クラークを「本当に美しいものをきちんと美しく書ける稀有な才能の持ち主」と評します。クラークの美しいSF小説の土台を作った文学的系譜を辿ってみましょう。




* * *




クラーク自身の記憶によれば1929年、少年クラークは「アメージング・ストーリーズ」というアメリカのSF雑誌に出会います。また1930年にはやはりSF雑誌「アスタウンディング」を手にして、これらは彼の運命を変えました。クラークはSFの世界に魅せられ、雑誌を収集するようになります。当時はアメリカの雑誌も古書などのかたちでイギリス国内によく出回っていたようです。



前述の「はしがき」で、当時のクラークにとってSFは「意識の拡大をもたらす唯一、本物の麻薬」だったと述べています。


昼食に下校するときなど、わたしはこの薬をひと射(う)ちしたくて、地元のウールワース百貨店をよくうろついたものだ。


さらに1930年夏、マインヘッド公共図書館を訪ねたクラークは、自身の人生を決定づける書物と出会います。それがイギリスの作家オラフ・ステープルドンの『最後にして最初の人類』です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)