キュウリ栽培のポイントは病害虫対策

キュウリ栽培のポイントは病害虫対策

撮影:栗林成城

植えつけから収穫まで、わずか1か月。キュウリは夏の間、次々と収穫できてお得感も満足感もいっぱいの夏野菜です。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、栽培のポイントを教えてもらいました。




* * *



\r\n■ブルームとブルームレスとは?\r\n


キュウリには、表面に白い粉がついたものと、つるつるした表皮のものの2種類があります。白い粉はブルームといって、キュウリの生理現象の一つ。実の中に含まれる水分の蒸発を防いだり、病害虫から実を守る役割があるといわれています。ブルームがついたキュウリはみずみずしいのが特徴。一方、粉がないものは「ブルームレス」と呼びます。台木にブルームが出にくいカボチャを使うため、つぎ木苗から育てるのはこのタイプが多く、パリッとした食感です。


\r\n■適切な整枝(せいし)と予防で病害虫からガード\r\n


夏の間、長く収穫を楽しむためには、病害虫対策が大切です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)