ポッコリおなかはインナーから鍛えて解消

ポッコリおなかはインナーから鍛えて解消

撮影:平田かい

年齢を重ねるとおなかがポッコリ出てくる人が多いもの。見た目が気になるだけでなく、姿勢の悪さ、ひいては体の痛みにもつながってしまいます。ポッコリおなかを引き締めるコツをプロトレーナーの木場克己(こば・かつみ)さんに教えてもらいました。




* * *



\r\n■おなかはインナーから鍛える\r\n


割れた腹筋に憧れて、おなかのアウターマッスルばかりを鍛えていませんか? インナーマッスルが弱ければ、おなかを内側から引き締めることができず、なかなかおなかがへこみません。また、アウターマッスルの力をうまく生かすこともできません。



たとえば、ボールを早く投げるのはアウターマッスルの力ですが、体をしなやかに使い、遠くまで届かせるには、インナーマッスルの柔軟性が必要です。また、インナーマッスルが弱ければ、姿勢が崩れて体の軸がぶれてしまいます。スポーツのためにも、「ポッコリおなか」を解消するためにも、インナーマッスルの力は必須なのです。インナーマッスルを鍛えるトレーニングをすれば、アウターマッスルにも力が入りやすくなります。



その際、ドローインをして腹圧をかけることが大切。インナーマッスルが鍛えられ、おなかが内側から引き締まってきます。



※テキストではぽっこりおなかを解消するトレーニングを紹介しています。



■『NHK趣味どきっ! みんなができる! 体幹バランス』より

1

関連記事(外部サイト)