無能な人をリーダーにしてはいけない 『平家物語』の教訓

無能な人をリーダーにしてはいけない 『平家物語』の教訓

無能な人をリーダーにしてはいけない 『平家物語』の教訓の画像

太政大臣として権勢を振るう平清盛による京都から福原への強引な遷都は、各地の平家への不満を高める結果となりました。同じ頃、伊豆に流されていた源頼朝が後白河法皇の院宣を受けて挙兵。頼朝軍対平家軍の最初となる全面対決を富士川で迎えます。しかし、この「富士川の合戦」は源氏の不戦勝で終わりました。合戦前夜、水鳥の群れが沼から羽ばたく音を敵の来襲と勘違いした平家の将兵たちが、蜘蛛の子を散らすように逃走してしまったからです。能楽師の安田 登(やすだ・のぼる)さんは、この時の平家軍の大将軍に注目します。




* * *




富士川の合戦では、平家軍の大将軍が維盛だったということも注目したいところです。維盛とはどんな人だったのか。「富士川」の段から出陣する維盛の描写を引いてみましょう。まず、大将維盛は23歳で、「容儀体拝(ようぎたいはい)絵にかくとも筆も及びがたし」と書かれています。その容姿や振る舞いは絵に描くこともできないくらい美しいというのです。



物語の中だけでなく、実際の維盛も超美男子だったようです。九条兼実はその日記『玉葉』の中で、舞を舞う維盛のことを「容顔美麗、尤も嘆美するに足る」と書いています。維盛の美貌は古今の人物にたとえようもないほどで、まるで光源氏のようだ、とまで言われていました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)