菅井竜也八段の人生を変えたインターネット将棋

菅井竜也八段の人生を変えたインターネット将棋

撮影:河井邦彦

平成の将棋界はどのように動いてきたのか。平成の将棋界をどうやって戦ってきたのか。勝負の記憶は棋士の数だけ刻み込まれてきた。連載「平成の勝負師たち」、2020年5月号に菅井竜也(すがい・たつや)八段が登場する。




* * *




パソコンのモニターに映し出される世界に、当時の菅井少年は「そこには夢のような空間が広がっていました」と、心を躍らせた――。



平成という時代は情報伝達、分析技術に革命をもたらした31年間でもあった。それは菅井の将棋人生にも、大きく関わることになった。



岡山県で生まれ育った菅井は5歳のときに父親から将棋を教わった。ただし、小学4年生のころまでは数ある遊びの一つでしかなく、棋力もアマ初段程度にすぎなかった。



小学4年生から倉敷市の「大山名人記念館」で行われている子供教室に通うようになった。それから棋力が伸びていき、小学5年生のときに地元で毎年行われている「全国小学生倉敷王将戦」に岡山県代表として出場した。結果は予選で敗退。そのとき、大会に参加していた子供から聞いたのが、インターネット将棋道場である「将棋倶楽部24」だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)