パプリカ収穫に必要な時間と肥料はピーマンの3〜4倍!

パプリカ収穫に必要な時間と肥料はピーマンの3〜4倍!

撮影:丸山 滋(左)、福田 稔(右)

赤や黄色に色づいたパプリカは、肉厚で甘みがあり、料理の彩りにぴったり。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに育て方のポイントを教えてもらいました。




* * *



\r\n■パプリカ=完熟果は、ピーマン=未熟果の3〜4倍の日数と肥料がかかる\r\n


パプリカはピーマンの仲間の一つですが、ピーマンが開花後20〜25日の未熟果を収穫するのに対して、パプリカは果実が大きいうえ、開花から60日程度かけて完熟させたもの。ピーマンの3〜4倍の時間と肥料が必要になり、1株の収穫量は10個程度と少なめです。適切な整枝(せいし)と追肥で、健全な株を作りましょう。


\r\n■一番〜二番果は若どりする\r\n


最初の実(一いちばんか番果)ができるころは株が小さいので、養分を株の成長に回すために、一番〜二番果は長さ4〜5cmのうちに収穫します。充実した大株に育ててから、実を完熟させましょう。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年6・7月号より

1

関連記事(外部サイト)