タマネギの皮をむいたらすす状の黒いものが! これは何?

タマネギの皮をむいたらすす状の黒いものが! これは何?

タマネギの皮をむいたらすす状の黒いものが! これは何?の画像

タマネギの皮をむいたら、すすのような黒いものが! そんな経験はありませんか? この原因は一体何なのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。




* * *




外側の皮と食用部位である鱗葉(りんよう)との間に黒いカビが発生する「黒かび病」という病気です。栽培中に雨が多いと出やすい傾向がありますが、発生するのはタマネギの保存中で、残念ながら防ぐ手だてはありません。



私はもったいないので、カビを洗い落としたあと、加熱して食べています。しかし心配なら、食べずに破棄してください。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年6・7月号より

1

関連記事(外部サイト)