タネと球根はどう違う?

タネと球根はどう違う?

ころんとした形がかわいいチューリップの球根。撮影:福田 稔

秋になると園芸店で目立つのが球根です。いろいろなサイズや形があっておもしろい。でも、これってタネとどう違うの? 植えたらずっと咲くのかしら? 5歳のときから球根に夢中という園芸研究家の若松康史(わかまつ・やすし)さんが愛を込めて球根とは何か、基本のキから教えてくださいました。




* * *



\r\n■タネと球根はどう違う!? 球根って何だろう\r\n


球根はタネが大きくなったものと思われる方が多いかもしれないので、その違いから説明しましょう。チューリップは咲き終わるとタネをつくります。そのタネをまくと発芽して茎葉は育つものの、パンジーなどと違って開花まで何年もかかり、花も親そっくりとは限りません。一方、地中の球根を育てると親とまったく同じ花が翌年咲きます。タネが子どもなら、球根はクローン(分身)にあたります。


\r\n■球根はどんな形? どんなふうに売られているの?\r\n


球根とは、生育するための養分を、地下の肥大した根や茎や葉など、さまざまな部位に貯蔵するものの呼び名です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)