阿久津主税八段「かなり生意気」だった10代のころ

阿久津主税八段「かなり生意気」だった10代のころ

撮影:河井邦彦

平成の将棋界はどのように動いてきたのか。平成の将棋界をどうやって戦ってきたのか。勝負の記憶は棋士の数だけ刻み込まれてきた。連載「平成の勝負師たち」、2020年8月号は阿久津主税(あくつ・ちから)八段が登場する。




* * *



\r\n■血気盛んな若手時代\r\n


「若気の至りではないけれど、将棋が強ければ多少は生意気でもいいと個人的には思うんです。それも心の広い先輩が多い将棋界だからこそ。他の業界だったら間違いなくしばかれていたでしょうね」



平成11年の秋に17歳で四段になった俊英も、気づけば現役生活が20年を過ぎた。八段まで昇段を重ねて、竜王戦と順位戦ではともに最高クラスにまで上り詰めた。正義感が強い鋭くとがった性格は、結婚して家庭を持ち、さらには一児の父親になったことも手伝ってか、最近かなり丸くなった印象を受ける。



奨励会入会は平成6年。同期で棋士になったのは渡辺明三冠、橋本崇載八段、佐藤慎一五段の3人である。



平成11年の秋、同期で真っ先に奨励会を卒業したのは阿久津だった。後の三冠より半年早いデビューを果たす。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)