ペストはどんな病気だったのか

ペストはどんな病気だったのか

ペストはどんな病気だったのかの画像

17世紀のロンドンを襲い、7万人以上を死に至らしめたペストのパンデミック。当時の人々にとってこれはどのような病気だったのでしょうか。英文学者、東京大学准教授の武田将明(たけだ・まさあき)さんと共に、『ペストの記憶』の描写からその症状や特徴を見てみましょう。




* * *




14世紀に大流行した際は、ヨーロッパの人口の三分の一が亡くなったとも言われるペストですが、語り手のH・Fによると、ペストは「体質の違いに応じてさまざまな症状を示した」といいます。


ある人は、たちまち身体じゅうに病気の毒がまわり、猛烈な熱、嘔吐、耐え難い頭痛と背中の痛みなどが次々に押し寄せ、あまりの苦痛に絶叫し、狂乱した。またある人は、首や股間、あるいは腋の下ができものや腫脹で膨らみ、これが潰れるまでとうてい我慢できない激痛に苛まれた。そうかと思うと、先ほど話したように秘かに感染する人もいた。知らないうちに熱がこの人たちの生命力を蝕み、当人はほとんど気づかないまま、ついに意識を失って卒倒し、そのまま元に戻らず痛みのない死を迎えた。


激しい症状に見舞われる人、ほとんど無症状のまま病が進行し、ふとした瞬間に命がついえてしまう人など、様々だったようです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)