ソラマメ栽培は冬越し時の草丈が重要!

ソラマメ栽培は冬越し時の草丈が重要!

撮影:栗林成城

タネまきの時期を守って適切な大きさで冬越しさせ、春になったら整枝(せいし)・摘心(てきしん)。じっくり育てて、初夏にはとれたてのソラマメを味わいましょう。栽培のポイントを、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんが教えてくれました。




* * *



\r\n■栽培のポイント 1  草丈15〜20cmで冬越しさせる\r\n


ソラマメは冬に低温に当たることで花芽(はなめ)をつける冬越し野菜ですが、元気に冬越しさせるためには苗の大きさが重要。大きすぎても小さすぎても耐寒性が弱くなり、枯れるリスクが高まります。最も耐寒性が強いのは、草丈15〜20cm。冬越し前までにその大きさに育つよう、タネまき時期を守り、寒さに耐えられる丈夫な苗を作りましょう。


\r\n■栽培のポイント 2  土作りのコツは酸度調整と元肥の化成肥料を半量に\r\n


ソラマメやエンドウなど、マメ科植物は酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間前までに苦土石灰(くどせっかい)をまいて酸性度の調整をすることが大切です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)