冬越し野菜 上手に冬越しさせるポイント

イチゴやニンニク、ラッキョウは、冬越し前に根をしっかり張らせることで、春からの本格的な成長に備えます。


\r\n■3 元肥や追肥で養分をチャージ\r\n


冬越し野菜は、栽培期間がおよそ半年ほどと長期間にわたります。そのため植えつけ前に酸度調整を行い、決められた量の元肥(もとごえ)を施し、しっかりと土作りを行うことが大切です。特に、冬の間ゆっくりと分解される堆肥は、根をしっかりと張らせる効果があるので忘れずに投入を。春になると、気温の上昇とともに急速に成長するので、タイミングよく追肥して養分を補いましょう。



※続きはテキストでお楽しみください。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年10・11月号より

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)

×