焼いて包んで食べて飲んで! サムギョプサルで楽しい夜を

焼いて包んで食べて飲んで! サムギョプサルで楽しい夜を

撮影:柿崎真子

韓国の豚バラごちそうといえば、気軽に楽しめる豚バラ肉の焼き肉「サムギョプサル」。韓国料理店「妻家房」の総料理長、柳 香姫(りゅう・ひゃんひ)さんがサムギョプサルを堪能するポイントを教えてくれました。




* * *




「豚肉は疲れが取れるので、韓国では体を使ってしっかり働いたときなどによく食べます。家庭でもこうやって鉄板を囲んで、焼きながら葉で包んで食べますよ」と柳香姫さん。サムギョプサルのつくり方を教えてくれました。鉄板がなければホットプレートでも構いません。また、フライパンで焼いてしまってから皿に盛ってもOK。どちらの場合も、豚肉から出る脂を拭き取りながら焼きます。



「葉に豚肉とみそだれをのせたら、ほかの具は好きなように。野菜を多めにしてもいいし、にんにくやキムチをたっぷり入れても。豚肉を2枚にしてもおいしいですよ」。ジュージュー焼ける音に食欲をそそられて、ついあれもこれも包んでしまいそうになりますが、パクッと一口で食べるには小さめにつくるのもコツです。



「豚肉を焼くと脂が出てくるので、その脂で野菜も焼いてください。特にキムチは脂をからめながら焼くと食べやすくなって、焼いた豚肉とよく合いますよ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)