モモはなぜ人の話をいつまでも聞けたのか

モモはなぜ人の話をいつまでも聞けたのか

モモはなぜ人の話をいつまでも聞けたのかの画像

モモを相手に話をしていると解決策が浮かんでくる??そんな類い希なる才能で「みんなにとって、なくてはならない存在」になったモモ。なぜモモはそのように人の話を聞くことができたのでしょうか。京都大学教授、臨床心理学者の河合俊雄(かわい・としお)さんに伺いました。




* * *




人に話を聞いてもらうことで悩みが小さくなる。多くの人に似たような経験があるのではないでしょうか。飲み屋の主人に愚痴を聞いてもらったら気持ちが軽くなったというのはよくある話ですし、自分の中で悩みを深め、身体症状を伴うようになった患者も、カウンセラーが時間をかけて話を聞くことで気持ちが落ち着き、解決の糸口を見出せることがあります。



では、なぜ人に話を聞いてもらうと気持ちが楽になるのでしょうか。



私は、それが相手に何かを託すことができる行為だからだと思います。日常生活において、人に何かを託すことは意外と難しいものです。こちらが真剣に話しても相手が受け取ってくれなかったり、話を逸(そ)らされたりします。



相手の話を受け取るというのは、実はなかなかしんどいことです。ですから、聞き手はちょっと違う話をしたり、「こうしたらいいんじゃない?」とすぐにアドバイスをしたりして話を逸らします。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)