オーガニックな肥料 サツマイモとホウレンソウには何を使う?

オーガニックな肥料 サツマイモとホウレンソウには何を使う?

「きれいな紫色!」「ていねいに掘り出して、どんなふうにイモがついているか見てね」 撮影:渡辺七奈

大学の教育農場を舞台に有機野菜作りを学ぶ本企画。今回は、サツマイモを掘ってホウレンソウのタネをまき、有機の肥料とタネについて考えます。




* * *



\r\n■守られて育つアブラナ科の野菜\r\n


暑さがやっと和らいだ10月の初め。東京都多摩市にある恵泉女学園大学の教育農場では、コスモスが風に揺れています。畑を歩きながら学生が人さし指を上げると、赤いトンボがすっと着地。驚く友だちに、「アキアカネは止まりやすいの」と笑います。



その足元では、2週間前に植えつけたハクサイがずいぶん大きくなりました。苗作りから農薬を使わず、防虫ネットで防除もしていないのに、葉に虫食いはほとんどありません。ダイコンも健やかな葉を広げています。わきに敷いた草にクモがすみつき、害虫を食べてくれるという話でしたが、有機の畑の力には驚かされます。



別の区画には、何やら筋状に出そろった3種類の芽。「1週間前にタネをまきました。真ん中がサニーレタスで、両わきがアブラナ科の小カブと、えーと、何だっけ?」と学生が大笑い。キク科のレタスを挟んで育つアブラナ科の野菜は、ラディッシュ、小カブ、チンゲンサイのなかから、学生(2人1組)たちが好きなものを選んだそうです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)