デマに惑わされる人々、錯乱する感染者……ペストの恐怖が人間心理にもたらすもの

デマに惑わされる人々、錯乱する感染者……ペストの恐怖が人間心理にもたらすもの

デマに惑わされる人々、錯乱する感染者……ペストの恐怖が人間心理にもたらすものの画像

デフォー『ペストの記憶』では、ペストは最初にシティーの西側で発生し、そこからシティーへ、さらにその東側へと広がっていきました。感染症の恐怖に晒された人々はどのような行動を取ったのでしょうか。語り手であるH・Fが目撃したり、うわさに聞いたりした市民の様子から、人々の心理をピックアップしてみましょう。




* * *




ペストの恐怖に駆られたロンドン市民は、デマや迷信に惑わされました。街には「魔法や黒魔術の使い手と称する悪の一党」がたちまち現れ、ペストから逃れられる運勢かどうか教えてほしいという客を数え切れないほど集め、お金を巻き上げていたといいます。



偽医者や怪しい薬売りも横行しました。「絶対の効能! ペスト予防にこの丸薬」「効果抜群! 空気感染を防ぐ栄養ドリンク」などのキャッチコピーで始まる広告が、通りに大量に貼られたといいます。



『ペストの記憶』には他にもいろいろなキャッチコピーがそのまま引用されているのですが、こうした惹句(じゃっく)を使って商品を宣伝するというやり方自体も、商業社会になったロンドンならではの光景だと言えるでしょう。しかしながら、これらの薬は効くどころか、むしろ飲んだ人をペストに狙われやすい体にしてしまったと語り手は嘆いています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)