ペスト流行時の政策「家屋封鎖」の明と暗

ペスト流行時の政策「家屋封鎖」の明と暗

ペスト流行時の政策「家屋封鎖」の明と暗の画像

17世紀にロンドンを飲み込んだペストのパンデミック。行政は様々な対策を打ち出しましたが、中でも賛否が分かれた最大の施策が「家屋封鎖」でした。家屋封鎖の利点、欠点を英文学者、東京大学准教授の武田将明(たけだ・まさあき)さんに解説してもらいました。




* * *




家屋封鎖とは、ペスト患者が出た家を封鎖して、患者だけでなく健康な同居人もすべて外出しないよう、またその家を外から訪ねる者がないよう、昼夜二交代で監視人を付けて見張るというもの。シティーでは先に引いた条例で定められ、ロンドンの他の地域でも同じことが行われました。



この対策は当初、あまりにむごいと市民から批判されました。病人と一緒の家に閉じ込められたせいで、多くの人が疫病に罹(かか)って亡くなりました。彼らは、家屋閉鎖がなければ助かった可能性の高い人々です。市民は規制を緩めるよう行政府に働きかけたのですが、「公共の利益の前では、個人の被害を訴えても無駄だった」と言います。



すると監視人の目をごまかして脱走する者や、監視人に暴力をふるい、力づくで脱出する者が出てきました。先にも触れたように、この監視人は主に貧しい人たちにあてがわれた仕事です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)