根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜 ハイブリッドな大根

根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜 ハイブリッドな大根

大根から溶け出したビタミンCも逃さずいただける「雪鍋 すだち風味」。じんわりしみ入るやさしい味わいに、ピリッと辛みのきいたゆずこしょうで体が温まります。つくり方はテキストに掲載しています 撮影:渡辺七奈

鮮やかにのびる緑の葉と、みずみずしくなめらかな乳白色の根。大根はこの時季から、水分が増えてずしりと重くなり、甘みも増していちだんとおいしくなります。医学博士で管理栄養士の本多京子(ほんだ・きょうこ)さんに、大根の栄養成分とおいしく摂取するコツを教えてもらいました。




* * *



\r\n■辛い大根ほどカラダにやさしい?\r\n


大根は葉に近いほうが甘味があり、根の先端に近くなるほど辛みが強くなります。「大根おろしは辛くて」と敬遠される方もいますが、大根の辛み成分のイソチオシアネートは、抗酸化力の強い機能性成分です。有害な活性酸素を除去し、がんの抑制にも役立つのではないかと注目されています。このイソチオシアネートは、皮や根の先端に近い部分に多く含まれ、その量が多いほど辛くなります。



ほかに、生の大根にはでんぷん消化酵素のアミラーゼが多く、胃のもたれや不快感を防いでくれます。食事にひと鉢の大根おろしを添えるだけで、すっきりとした食後を楽しめるかもしれません。



さらに塩分のナトリウムを排出させるカリウムもたっぷり。大根おろしを一品そえるだけで食事全体の栄養バランスがぐんとよくなります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)