チンゲンサイの味と栄養価をぐんとUPさせるコツ

チンゲンサイの味と栄養価をぐんとUPさせるコツ

「チンゲンサイの塩油ゆで オイスターソースがけ」。色鮮やかにシャキッとゆで上がったチンゲンサイにピリ辛ソースをかけていただきます。素材そのもののおいしさをしっかり味わえるメニューです。つくり方はテキストに掲載しています 撮影:渡辺七奈

気温が下がって秋風が立つ頃から、冬野菜は寒さに備えて水分を減らし、代わりに糖分をため込みます。春菊やチンゲンサイのような葉野菜も同じで、緑の色が濃くなり甘みが増してきます。栄養的には、緑黄色野菜の最大の特徴であるβ-カロテンが増し、ビタミン、ミネラルも豊かになります。野菜たちにとっては厳しい季節ですが、私たちにとっては恵みになるのです。旬の葉野菜で健康な体を維持したいですね。医学博士で管理栄養士の本多京子(ほんだ・きょうこ)さんに、チンゲンサイの栄養価をぐっと上げる調理法を教えてもらいました。




* * *



\r\n■油で炒めるとβ - カロテンが1.5倍\r\n


あっさりとしていてクセがなく、ゆでても炒めてもおいしいチンゲンサイ。値段も安定しています。生の葉に含まれるβ-カロテンは2000μg(100g当たり)と、トマトやブロッコリーよりはるかに多く含まれているのです。



β-カロテンは体の中でビタミンAにつくりかえられ、皮膚や粘膜の健康を守ります。そのため不足するとのどや鼻の粘膜がかさついて、病原菌が体内に入り風邪にかかりやすくなります。また目の網膜にある明暗を感じる物質の成分にもなるため、不足すると光が眩しくなったり目がヒリヒリします。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)