作家・平松洋子さんの「仕事の原点」となった本

作家・平松洋子さんの「仕事の原点」となった本

本は多くても整った空気が流れる仕事場。この部屋を借りた決め手は、窓外の緑。大家さん宅の庭なのでいつも静かで気持ちがいい。撮影:安彦幸枝

「ステイホーム!」が合言葉のようになっている昨今、以前に比べて、家で過ごす時間がぐんと増えています。本、そして読書の時間は、そんな家での時間をより豊かに過ごすために、間違いなく、欠かせないもののひとつです。家にこもる時間が長くなるなか、本のもつ力を強く感じている人も多いのではないでしょうか? 『趣味どきっ!』では、8人の読書好きに本棚を見せていただきながらお話を伺いました。本稿では、作家の平松洋子さんの大切な2冊を紹介します。




* * *




『フランス料理の源流を訪ねて──各地方の食材と料理』
ロベール・フレソン、酒井一之監訳/同朋舎出版

『香港 旅の雑学ノート』
山口文憲/ダイヤモンド社





左はフランス各地に伝わる伝統料理を14の地方に取材し、詳細に説明した本。料理本であると同時にルポルタージュ的性格が強い一冊です。右はノンフィクション作家の山口文憲による香港見聞録。1979年の発表当時、新しい異文化ルポとして話題になりました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)