古本屋さんで宝探し 古書店を味わいつくす5つのポイント

古本屋さんで宝探し 古書店を味わいつくす5つのポイント

撮影:木村文平

本との出会いをたくさんもたらしてくれる本屋さん。大都市のターミナル駅にあるような大型書店もあれば、住宅街の駅前に昔からあるような小さな本屋さんもある。ロードサイドのチェーン店が馴染みという人もいれば、こだわりの古書店を行きつけにしている人もいるでしょう。書店や本に関わる分野を領域とするライター、和氣正幸(わき・まさゆき)さんに、古書店の楽しみ方を教えてもらいました。




* * *



\r\n■1 古書店ならではの小さなルールを知る\r\n


古書店にある本の価格は、当然本に印刷されているものではありません。最後のページに鉛筆書きされているか、手製のスリップがはさまれていることが多いので、そこを確認しましょう。「古い本は劣化しやすいのでていねいに扱う。狭い店が多いのでリュックを背負っているときは、前に持ち替える、帯も本の価値を決めることがあるので、差し戻すときに破らないよう気をつかう。こんなマナーも意識するといいですね」と和氣さん。


\r\n■2 装丁に注目してみる\r\n


新刊書店には、基本的には今、版元で取り扱っている本しか並びませんが、古書店には時代を問わず、過去の本が層厚く並びます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)