餃子がもっとおいしくなる野菜の話

餃子がもっとおいしくなる野菜の話

キャベツ白菜餃子。上は肉入り、下は肉なし。つくり方はテキストに掲載しています。撮影:安彦幸枝

餃子における野菜の役割は、肉を引き立てることではありません。野菜ならではの甘みやシャキッとした歯ざわりを味わう、野菜が主役の餃子も、実はおすすめです。




* * *



\r\n■メインはキャベツ派? 白菜派?\r\n


餃子をつくろう!というとき、思い浮かべるメインの野菜は、キャベツですか? 白菜ですか? どちらを選ぶかは、小さい頃から慣れ親しんだ「我が家の餃子」のレシピだったり、好きなお店の味だったり。はたまたスーパーでの出会いだったり、単につくる人の好みだったりすることもあるでしょう。



「僕は基本的にはキャベツ派です。シャキシャキッとした食感を楽しみたいから。芯も細かく刻んで入れちゃいます」と、会員制餃子店オーナーシェフで、「餃子の王様」として知られるパラダイス山元さん。



また「野菜の水分を絞るか絞らないか問題」というのもあります。そのまま加える、少量の塩をふって水分を引き出してから絞る、サッと炒めてから加える、というレシピもあるようです。



「これも好みだと思います。僕は、野菜そのものの水分が多いときは軽く絞ることもありますけど、大抵はそのまま加える派。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)