4冊の名著で災害を考える

4冊の名著で災害を考える

4冊の名著で災害を考えるの画像

東日本大震災から今年で10年。批評家、東京工業大学教授の若松英輔(わかまつ・えいすけ)さんが、4冊の名著を読み解きながら、災害について考えます。




* * *




2011年3月11日、大地震と巨大津波が東日本一帯を襲い、多くの人びとのいのちを、日常と故郷を奪いました。あれから10年の歳月が経過し、メディアは被災地の新しい姿を映して、それぞれの場所で歩みを続ける人びとの今を伝えています。しかし、目に見える変化は、真実のほんの一端でしかないことも私たちは知っています。



災害が私たちに突きつけたのは何だったのか。そのことをあらためて考えるために、今回は4冊の名著を読んでいきます。寺田寅彦の『天災と日本人』、柳田国男の『先祖の話』、セネカの『生の短さについて』、池田晶子(あきこ)の『14歳からの哲学』。著者もテーマも異なりますが、いずれも私たちが見失っていたものを想い出すための扉となる作品です。



この4冊はどれも、随想の形式を採(と)っています。随想には、いつも二つの要素が折り重なるように存在しています。それは詩情と叡知(えいち)です。この二つが一つになったとき、はじめて随想が生まれるといった方がよいのかもしれません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)