メーガンの教育係は「豹のサマンサ」 スパルタ特訓に耐えられるのか?

<女王の元側近による半年間の「公爵夫人レッスン」は相当厳しいという噂...>

ハリー王子は結婚祝いとしてエリザベス女王に公爵の位を授けられ、イギリス王位継承順位第6位のサセックス公爵となった。メーガン・マークル(現メーガン妃)もハリーとの結婚により、サセックス公爵夫人となった。

新生活のスタートと同時に、メーガンはロイヤル・ファミリーのお作法を学ぶために、「公爵夫人レッスン」に臨む。これから6カ月、王室メンバーの先輩方と共に過ごし、王室プロトコルをみっちりたたき込まれる。

教育係はサマンサ・コーヘン改め「豹のサマンサ」

英オブサーバーによると、メーガンの指導係に任命されたのは、女王の元側近であり「サマンサ・ザ・パンサー(豹)」の異名を持つサマンサ・コーヘン(49)。今年4月までエリザベス女王の個人秘書のアシスタントを務めていた。ハリーとメーガン夫妻の私設秘書も兼任するという。

Fitting #Queen's Australian private secretary Samantha Cohen accompanies HM & Prince #William to #Gallipoli centenary pic.twitter.com/9bnc8758qX— Paul Harrison (@SkyNewsEditor) 2015年4月25日

(女王の後ろにぴったりと寄り添うサマンサ・コーヘン)


公爵夫人レッスンではひたすら「聞くこと」を徹底される(英タイムズ紙)ようで、メーガンは現在様々な人にアドバイスを求めているとのこと。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)