タイで洞窟に閉じ込められたサッカー少年らが生還 「第一級のハリウッド大作」とも

記事まとめ

  • タイ北部で洞窟に閉じ込められたサッカー少年たちが、ひとりまたひとりと救出された
  • 3日がかりの救出作戦で、少年たちとコーチは全員救出、いずれも健康状態は良好とも
  • ハリウッドのプロデューサー2人は少年たちの物語を描くプロジェクトを始動か

洞窟からの脱出を映画に!ハリウッドプロデューサーが早くも現地で聞き込み

<世界中の目をくぎ付けにした少年たちの勇気と奇跡的生還の物語。「第一級のハリウッド大作」の争奪戦が始まった>

タイ北部のチェンライ県で洞窟に閉じ込められたサッカー少年たちが、ひとりまたひとりと救出されるなか、ハリウッドの映画プロデューサーたちの目は早くも次の大ヒット作に向けられていた。

オーストラリアのニュースサイト「news.com.au」が報じたところによれば、アメリカの撮影クルーがタイのチェンライ郊外の救出現場へ赴き、少年たちの所属するサッカーチーム「ワイルド・ボアーズ」の物語を描く映画の準備を始めているという。

11歳から16歳までの少年12人が、成人のコーチ1人とともに行方不明になったのは、6月23日。捜索は9日間に及び、世界中が最悪の事態を予想したなかで、浸水した洞窟の入り口から4キロほどの場所で、閉じ込められている少年たちが発見された。

3日がかりの救出作戦で、少年たちとコーチは全員救出され、いずれも健康状態は良好だという。病院に運ばれて治療や検査を受けている。

だがプロのダイバーたちが命の危険を冒して少年たちを救出しているさなか、ハリウッドのプロデューサー2人は少年たちの物語を描くプロジェクトを始動させていた。映画制作会社ピュア・フリックス・エンターテインメントのマネージングパートナー(共同経営者)であるマイケル・スコットは、オーストラリアのAAP通信に対し、浸水した洞窟をめぐるこの物語は「第一級のハリウッド大作」になると語った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)