同胞の保護か中国への配慮か、板挟みになるカザフスタン

<中国・新疆ウイグル自治区の少数民族弾圧に反対する世論に押されて、カザフスタンで異例の判決が下されたが......>

中国西部の新疆ウイグル自治区に隣接するカザフスタンで、予想外の判決が注目を集めている。被告は新疆ウイグル自治区からカザフスタンに不法入国したカザフ系中国人のサイラグル・サウイトバイ(41)。裁判所は8月1日、サウイトバイに執行猶予付きの有罪判決を下した上で、彼女の身柄を中国側に送還せず、亡命申請者として国内にとどまることを認めた。

新疆ウイグル自治区では近年、ウイグル人を中心とする少数民族にイスラム教や独自文化を捨てさせ、中国共産党への忠誠を誓わせるための「再教育キャンプ」が多数作られているとされる。サウイトバイはそうした施設の1つで収容者に中国史を教えるよう強いられ、機密文書などに触れられる立場にあったという。

中国側は彼女の強制送還を求めていた。しかし強制収容施設での人権侵害の実態を裁判で赤裸々に語ったサウイトバイが送還されれば身に危険が及ぶとして、カザフスタンでは送還に反対する世論が高まっていた。

判決後、カザフスタン国内にいる夫と子供と再会したサウイトバイは、支持者の前に姿を見せて喜びをあらわにした。ただし、歓喜の時間は「24時間続かなかった」と、彼女は言う。中国当局が新疆ウイグル自治区内で彼女の姉妹と2人の友人の身柄を拘束したのだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)