強気一辺倒だったトランプに起きた「異変」とは

<反目していたマケイン上院議員の訃報を受けて、対応がコロコロ変化したトランプ。ロシア疑惑追及の展開を受けてさすがに弱気になっているのか>

先週の25日(土)、ここ数年、悪性の脳腫瘍との闘病を続けてきたジョン・マケイン上院議員(共和党、アリゾナ州選出)が亡くなりました。その前日には「本人が加療停止を判断」というニュースが報じられ、「Xデー」が近いというムードが全米に広がっていましたが、それでも訃報のショックは大きなものがありました。

マケインは、トランプ大統領に容赦のない批判を続けてきました。なかでも2017年7月に治療中のアリゾナから上院本会議場に駆けつけて、大統領が提案した「オバマケア(医療保険制度)廃止法案」に対して、「親指を下に向け」て堂々と反対票を投じたのは伝説になっています。

そのマケインの訃報を受けた大統領は、しばらく何も発言せず、ツイートもしないで「沈黙」を守っていました。側近との間でどんなやりとりがあったのかは不明ですが、とにかく不自然な沈黙であり、これに対しては徐々に批判が上がっていました。

やがて短いツイートがされたのですが、「マケイン上院議員のご遺族にお悔やみを申し上げます」というだけの極めて形式的なもので、これはこれで批判されています。

一方で弔意を示すために、ホワイトハウスの屋根に掲げてある星条旗は、一旦は半旗にされたのですが、どういうわけか27日の朝になると元に戻され、このことも厳しく批判されていたのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)