パリ、トロントに誕生、シリコン売春宿は社会の味方?

<本物の売春宿なら間違いなく違法だが、店主に言わせれば「これはゲームセンター」。性暴力を減らす効果もあると言うのだが>

カナダのトロントと言えば、有名な国際映画祭や、同市出身のラッパー、ドレイクなどが思い浮かぶだろう。しかし9月からは、別のことでもっと有名になりそうだ。「セックスドール相手の売春宿」である。

「オーラ・ドールズ(Aura Dolls)」は公式ウェブサイトで、「世界一のシリコン美女がセックスサービスを提供する、北米初の『売春宿』」だと謳っている。ただし、同種のサービスを提供するライバル店はツイッターで異議を唱えている。

オーラ・ドールズでは、人間そっくりのさまざまなシリコン製ドールを「完全消毒」の上提供する予定。価格設定も幅広く、1体30分の場合は80カナダドル(1カナダドルは約86円)、2体4時間の場合は960カナダドルとなっている。「当店の各種ドールを見て、理想の女性をお選びください」とサイトにはある。

店は9月上旬にオープンする予定だ。風俗店に営業許可を出すのはトロント市だが、地元ニュースメディアのシティニュースによれば、本物の売春宿は違法。「トロント市内に新規店舗が開業する場合は、市の条例と照らし合わせて対応する」と、トロント市の担当者トレーシー・クックは言う。

オーラ・ドールズのマーケティング・ディレクター、クレア・リーは、同店のサービスは匿名で受けられるようになる予定。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)